karaokekou
-カラオケ白書2016年から-

カラオケ業界の概要と市場規模 vol.Ⅰ

一般社団法人全国カラオケ事業者協会(梶喜代三郎会長)はこのほど「カラオケ白書2016」を出した。同加盟事業者による全国規模で実施したカラオケ市場アンケート結果をまとめたもので、カラオケの現状把握などを目的に毎年発行している。今回は平成27年4月1日から平成28年3月31日までの期間実施した。

それによると昨年のカラオケ業界は2大メーカー(第一興商/エクシング)が揃って新製品を発表。それらの新製品がカラオケボックス市場を中心に導入が進んだ。また、ユーザー市場規模は前年に比べ僅かに増加。増えた要因としてはカラオケボックス市場とエルダー市場の増加にある。ただ、酒場市場(ナイト)は依然として減少傾向にあり、3500軒の店舗が減る一昨年の下げ止まり感から一転、昨年はそれまでの4桁店舗減少に戻る結果となった。アンケートの対象先はカラオケメーカー、ディストリビューター、カラオケ設置店、利用者各位。

2015年度のカラオケ参加人口は昨年より微増の約4750万人と推測。僅かだが増加傾向が4年連続となった。カラオケボックスの施設数は9555施設と前年とほぼ同じ。ルーム数については前年比で微増。参加人口と同様に引き続き上昇傾向が見られた。また、2015年のカラオケ施設数の状況については、酒場・旅館・ホテルは依然として減少傾向にあるが、カラオケボックス施設数、ルーム数とも増加し引き続き好調を維持している。

メーカーの市場規模については主要メーカー2社へのアンケート結果で、2015年度の業務用カラオケに関する総売上げは約690億円と推計。ハードの台数は2社から新製品の発売となった今年度のメーカーの扱い台数は52000台と前年より12000台増加した。2015年度の市場別売上を分析するとユーザーの市場規模は6165億円(前年度比21億円増)、カラオケボックス市場は3994億円(同15億円増)、エルダー市場389億円(同11億円増)、酒場市場(ナイト)は1730億円(同2億円減)。
 
その他では、観光バスは全国21500台のバスに導入。結婚式場・宴会場は全国で4000施設。確実に増加しているのはエルダー市場であると分析している。

以降、vol.Ⅱ(カラオケメーカーとディストリビューターの事業実態)、vol.Ⅲ(カラオケ設置店「ユーザー」の利用実態)、vol.Ⅳ(カラオケ利用者「エンドユーザー」の利用実態)、vol.Ⅴ(一般消費者のカラオケ利用実態)と続く。

※資料提供:一般社団法人全国カラオケ事業者協会「カラオケ白書2016」より

2015年度市場規模のまとめ