神戸・新開地のKAVCホールで毎月1回開催している「KOBE流行歌ライブ」(主催:KOBE流行歌ライブ実行委員会/協賛:JOYSOUND/協力:関西レコード宣伝クラブ、カラオケ伝言板、平和レコード店、レコードショップひらせ、Webプレス社、hayariuta.jp)のvol.169(10月18日開催)では出演アーティストがそれぞれの新曲のほか就任中の観光大使として縁の地を紹介!。

同ライブのPRコーナーには初登場のJUMI(ジュミ)が華やかなドレス姿で「憧れのKOBE流行歌ライブに出演させて頂けて嬉しいです」と挨拶。デビュー曲「五月の雨」や自ら書き下ろしたプッシュ中の「夢一夜」(作詞:壽美/作曲:原田ヒロシ/編曲:大樋 稔)を披露した。ラジオ関西「JUMIのムーンライトハーバー」(毎週月曜21:30-22:00放送)にパーソナリティとして出演しているほか地・元豊中では毎月ライブを開催中。

すっかり恒例となった今月のテーマコーナーでは各地の“観光大使”を務める出演アーティストがそれぞれのオリジナルから次の曲を選んだ。


水城なつみ(キングレコード)は「温泉県として有名な大分県のこの曲を歌ったのがご縁で『湯平温泉観光大使』に任命して頂きました!」と新曲のカップリング曲で湯平温泉観光協会推薦曲でもある「湯平雨情」を、


島根県の「雲南市PR大使」を務める永井みゆき〈テイチクエンタテインメント)は「母の故郷が出雲市なのでとてもご縁を感じます」と広島から島根へと走る列車に因んだ「雨の木次線」を選び歌詞にでてくる地酒の米焼酎「亀嵩」をしっかりとPR、


「岸和田観光大使」を務める三門忠司(テイチクエンタテインメント)は「生まれも育ちも大阪なので人情もろくて意志が強い浪花の男の心意気を表すのに丁度いい曲」と「河内の次郎長」を披露した。

続くメインステージでは18歳の2013年に「泣いてひとり旅」でデビューしてから6年目を迎える水城が「筑波の風」で登場。
「デビューして初めてキャンペーンに訪れた関西は歌手としての第一歩を踏んだ大切な場所です」と当時を振り返った。続いて、これまでに発売した2枚のアルバム「ウタツグミ」「ウタツグミⅡ」から選曲した「お富さん」「雪椿」「知恵っ子よされ」「虹色の湖」「好きになった人」をメドレーで客席を回ったが、「毎年10月頃に発表されている全国都道府県人気ランキングで6年連続47位をキープしている地元の茨城県を歌で盛り上げたいんです!」とアルバムにのみ収録した新作「納豆音頭」を客席の協力を得ながら振り付きで元気いっぱいに披露。最後は北海道・江差のかもめ島を舞台にアンコの一節が映える新曲「江差恋しぐれ」(作詞:竜はじめ/作曲:宮下健治/編曲:前田俊明)をしっかりと歌い上げた。

*テレビ:BS12「平成歌謡塾2」(奇数月の毎週金曜AM5:29-6:00放送)走 裕介との司会で出演中
*2018年11月20日(火)大阪・店頭キャンペーン:(13:00-)おおとりウイングス/(16:00-)東岸和田トークタウン
*2018年11月22日(木)大阪・店頭キャンペーン:(12:00-)イズミヤ千里丘/(15:30-)イズミヤ今福

出身地・大阪の「岸和田観光大使」も務めている永井はデビュー曲「大阪すずめ」で登場。
「デビュー当時から皆様に可愛がって頂いて今年で27年目になります。今でも『大阪すずめ』を皆様に歌って頂けてとても幸せに思います」と話し、昨年発売した「ふるさと館山」がきっかけで今年2月に千葉県館山市の「館山ふるさと大使」に就任したことを報告。続いて新曲のカップリング曲「洲崎(すのさき)みれん」を歌うにあたり、「洲崎には灯台や洲崎神社があり、恋人の聖地としても人気のある素敵な所です。また、館山に行かないと食べられない『くじらのたれ』という美味しい燻製がとってもお酒に合うんですよ」と大のお酒好きな事や、各観光大使の特製名刺を希望の方にプレゼントしていることなどもバッチリPR。「よさこい時雨」「地吹雪情話」の披露に続き、愛する人との想い出の地・岡山県の吉備路を別れを決めた女性がひとり旅をする新曲「吉備路ひとり」(作詞:麻こよみ/作曲:徳久広司/編曲:南郷達也)では先日訪れた吉備津神社の名所などを紹介した。

*各局「人生酒場~唄は夜につれママにつれ~」出演中!:テレビ大阪(毎週水曜25:30-25:35放送)他

トリは同ライブ久々の出演となる三門。観客の手拍子で賑わうステージにラメが眩いピンクの衣装を纏い「雨の大阪」で登場。
「忠さぁ~ん!」の掛け声に「あいよぉ~!」と返しながら「今日はよう来てくれはったなぁ~、CDも買うてくれはってホンマに嬉しいわ~」とベテランならではの挨拶。CDを売るために音楽業界が切磋琢磨していることへの理解を仰ぐシーンも面白おかしいトークで盛り上げた。そして、“待ってました!”のコールで歌う「浪花のギター」の後は「いくつになっても恋をしましょう~!そして皆で幸せになりましょう~!」と夫婦演歌の「百年坂」へと繋ぐ。会場も大いに和んだ頃、「人生には苦しい坂、辛い坂、悲しい坂…いろんな坂があります。そんな坂を乗り越えて自分で選んだ道は一生懸命に頑張って歩いて行こう!という人生の応援歌です」と新曲「人生坂」(作詞:志賀大介/作曲:岡 千秋/編曲:南郷達也)を披露した。

そして、締め括りは再び登場した永井みゆきと「小春三吉 相惚れ駒」以来12年ぶりに発売したデュエット曲を披露するコーナー。

(左:永井)
 
8月に発売した「おみき徳利」(作詞:もず唱平/作曲:岡 千秋/編曲:南郷達也)とカップリング曲「桜橋北新地」を「男女仲良く歌って頂けるとこの曲のいい所がでてくると思います」と歌い上げた。

*「~創立85周年記念企画~テイチクデュエット祭り!」(全9タイトル)では応募抽選でテイチクDVDカラオケソフトのプレゼントを実施中!(詳細はCD商品に記載/11月30日まで)
テイチク×JOYSOUNDコラボキャンペーンも実施中!(2019年1月31日まで)

なお、毎月第3木曜日(変更月もあります)に開催している同ライブの次回vol.170は11月15日(木)午後1時から同じ神戸・新開地のKAVCホールを会場に、瀬口侑希(日本クラウン)、チョン・テフ(徳間ジャパンコミュニケーションズ)、藤井香愛(徳間ジャパンコミュニケーションズ)が出演する。 

お問い合わせ先は小玉企画 TEL.06-6365-5230まで。
*詳細はこちら⇒