今年デビュー15周年を迎えた日本クラウンの竹川美子がそれを記念した新曲「片恋おぼろ月」(作詞・原文彦/作曲・叶 弦大/編曲・丸山雅仁)を発売、ヒットへ全国行脚をしている。前作「船頭さん」に続く15周年記念という冠を付けた第二弾で、今回も前作同様に「和」をイメージした純日本風の作品に仕上げた意欲作だ。
彼女の代表作でありデビュー曲でもある「江釣子のおんな」でいきなりカラオケファンの心をしっかりと掴んだ竹川。その安定感のある歌唱力を武器に女性演歌の若手として期待されている逸材の1人でもある。竹川のイメージはデビュー曲に代表されるように王道演歌が持ち味だが、新曲は自ら「新たな挑戦をしたい…」そんな意図から生まれた作品。
 

竹川美子 新曲「片恋おぼろ月」
 
「前作が和をテーマに古風な作品になったし、更に和のテイストを強調した作品で小唄、端歌のイメージを入れました。ジャケットも前作より色っぽいというか妖艶になりました。これまでの作品は切ない作品が多かったんですが今回もそんなイメージです。でもとっても新鮮な作品になりました」と満面の笑みで新曲についてそう語る竹川。新たな色を出したいとの思惑が見え隠れする。

また、一方では新たなファン獲得にも意欲を燃やす。演歌・歌謡曲はカラオケサークルやカラオケ教室をこまめに訪問しながらファンを獲得し同時にCDを販売するのがもう定番になった。それを実践している1人でもある。
「そうなんです。これまで支えて頂いたファンの方々は勿論ですが新たなファンの獲得がいま一番要求されていることだと思ってます。そんな努力をこれからしっかりと実践していきたいですね。」と課題でもある新たなファン層獲得にも意欲を燃やす。
そんな竹川、恩師でもあるヒットメーカーの叶弦大氏の元を離れ年明け早々住み慣れた静岡県伊豆から東京に住まいを移した。「デビュー前から先生にお世話になりもう20年。そろそろ1人で頑張っていきたい、そんな願望もあり今年から都内で1人住まいを始めました。でも伊豆には月何回かは行ってます。」

15周年についての問いかけには―
「早い15周年でしたね。でも1つの道を歩み続けることへの幸せを感じてます。それとやっぱり叶先生の元で勉強させて頂いた事への感謝はあります。こんな経験が出来たことは大変幸せだと思っています」と改めて叶氏への感謝の言葉を何回となく語ったのが印象的だった。

また、歌以外への挑戦に意欲的なのが落語。6月30日(土)に東京・江戸川区の音曲堂で「初夏の落演倶楽部」と銘打ったイベントに出演する。今回で4回目のチャレンジ。「大変ですが歌に少しでもプラスになれば…そんな気持ちでトライしています。これからも色んな事に貪欲に挑戦していきたいです」と結んだ。

*2018年7月11日(水):12:00-「ハッピードリーム歌の贈りもの」公開収録出演
入場無料。