デビュー当時はそれほど目立った存在ではなかったがここ数年の頑張りは注目に値する1人といっていいのがキングレコードの椎名佐千子だ。最新作「舞鶴おんな雨」(作詞:麻こよみ/作曲:岡千秋/編曲:南郷達也)は舞鶴港を舞台に失った恋への切ない思いを表現力豊かに歌った王道演歌。その椎名も昨年デビュー15周年を迎えた。次の節目となる20周年に向けムチを入れたいと気合が入る。夢は座長公演をすることらしい。

15枚目のシングル「哀愁…日本海」に代表されるように彼女の作品は海をテーマにした作品が多い。今回の新曲もそんな範疇に入る作品だが、これまで以上にスケール感を感じるし、何といっても歌う姿に輝きが出てきた。歌手にとっての必須条件である歌唱力やテクニック、そして感性を磨いてきた結果だろう。
新曲はヒットメーカーの岡 千秋氏が書きおろした。独特の濃い目の色を付けたのが結果的に奏功していると理解したい。
「椎名佐千子の良さをもっと出したい、そのためには新たなチャレンジが不可欠という意味もありここ数曲は岡先生にお願いしてますが、私の新たな世界を引き出して頂きました。岡先生からはもっとスピード感を出すことに加え母音をしっかり出すようにアドバイスを頂きました。今はそのことを意識しながら歌ってます」。
レコーディングは苦労したのでは?、と水を向けると「そう思っていたんですが意外とすんなりいきました。自分ではちょっぴりですが成長したのかな、なんて自画自賛も少しあります。指摘された注意点を1つひとつクリアしているのではないか…」と言葉の節々にちょっぴり自信も見え隠れする。
新曲は発売されて1か月ちょっと。「お客さんの前で新曲を歌うと皆さん聞き入って下さるので私も前へのめり込むんです(笑い)。これからもしっかり届けていきたいです」。
15周年を迎えた昨年は都内で記念コンサートを行った。そのステージでは五木ひろしの指導を受けた和太鼓を初めてお披露目したほか、歌謡浪曲の代表的な「俵星玄番」も歌った。

演歌界は男女とも新旧交代が順調に進んでる。女性陣の中にあって椎名佐千子はちょっぴり遠回りはしたが、女性演歌の時代を担う1人であり近い将来先頭を走るグループの仲間入りをするに違いない。「これからも王道演歌を極めていきたいが歌謡浪曲の世界もしっかりと学んでいきたい」とチャレンジ精神旺盛なところを見せた。