若手を育て歌謡市場を活性化しようと毎月1回開催されている「KOBE流行歌ライブ」(主催:KOBE流行歌ライブ実行委員会/協賛:JOYSOUND/協力:関西レコード宣伝クラブ、カラオケ伝言板、平和レコード店、レコードショップひらせ、Webプレス社、hayariuta.jp)のvol.160が1月18日神戸・新開地のKAVCホールを会場に開催された。

2018新年スペシャルとなる当日は、あさみちゆき(テイチクエンタテインメント)、チョン・テフ(徳間ジャパンコミュニケーションズ)、中澤卓也(日本クラウン)のレギュラー陣に加え、PRコーナーには益田さかえ(日本クラウン)が出演した。また、今回から司会進行がこれまでの牛尾 淳氏から岡本友加里氏に代わり新たなスタートを切った。


司会進行の岡本友加里氏


PRコーナーには当日、広島から駆け付けたという初出演の益田。大人の魅力をたっぷりと盛り込んだバラード「時間(とき)」でスタート。東日本大震災の年に発売した「あいたい」では「亡くなられた大切な方のことを思い浮かべながら聞いて下さい」と話し、新曲「無限鏡」(作詞:升尾さかえ/作曲:華山龍雄/編曲:川村栄二)をしっとりと歌い終えた。


今回のテーマ曲コーナーは新年にちなみ「スタート(始まり)」がキーワード。中澤は「5年前に地元・長岡市で行われた『NHKのど自慢』へ出場した際に歌いデビューのきっかけになった曲」という「さくら(独唱)」を、チョン・テフは韓国で白黒テレビが流行っていた時代(笑)に「事務所の先輩のチャン・ウンスクさんが歌っていたのを見て歌手の道を目指した」という(原点の)曲「モンニジョ(忘れない)」を、あさみは「心をリセットしたい時に歌いたくなる曲です。(歌詞のように)子供の背中をそっと押してあげられるような母親になれたらいいなと思って歌っています」と「未来へ」を披露した。


30分ステージのトップはこの日がちょうどデビュー1周年という記念すべき日となった初出演の中澤。元々はレーシング・ドライバーを目指していたが、作曲家の田尾将実氏に師事し歌手の夢を叶えた。昨年の「第59回輝く!日本レコード大賞新人賞」に輝いたデビュー曲「青いダイヤモンド」で颯爽と登場し、昨年発売した初アルバム「繋ぐVol.1〜カバー・ソングス 7つの歌心〜」の中から「君は心の妻だから」「初恋」を披露。「19歳で初めて演歌歌謡曲を聞いて、こんなにも神秘的で新鮮なジャンルがあるんだと気付きました。これから演歌歌謡曲をもっと広めていきたい!」と話し、新曲のカップリング「心変り」、2ndシングル「彼岸花の咲く頃」(作詞:いではく/作曲:田尾将実/編曲:若草 恵)で爽やかな声と笑顔を会場いっぱいに届けた。

*1月10日には昨年9月に赤坂BLITZで開催した初の東京コンサートの模様を収録したDVD「コンサート in 赤坂BLITZ〜赤坂にサカス歌の華たち〜」を発売
*2月20日(火)大阪城ホールで開催される「にっぽん演歌の夢祭り」出演


続いて昨年11月に全国8会場で行った「デビュー5周年アニバーサリーツアー」も成功し、同時に念願だった47都道府県の訪問を達成したチョン・テフ。4枚目のシングル「愛の銀河」に始まり、代表作でもある「東京メランコリー」や’60~’70年代の日本のスタンダードナンバーを12曲収録したアルバム「チョン・テフ カバーコレクション~サラン エ GIFT~」から「東京ららばい」をダンスを交えながら観客と共にパワフルに歌った。続いて新曲のカップリング「あの日のワイン」、最後は“叶わぬ愛”を情熱的に歌いあげたラブソングの新曲「帰れないふたり」(作詞:松井五郎/作曲:都志見 隆/編曲:萩田光雄)を「ほろ苦い恋を思い出す作品です」と話しじっくりと歌い上げた。


ラストは同ライブ約3年ぶりの出演となるあさみ。「久しぶりに神戸にお邪魔します! 今日は楽しみにしていました」とギターの弾き語りで代表作の一つでもある「青春のたまり場」でスタート。「今も(東京)井の頭公園でのライブを続けており昨年9月で200回を迎えることができました。満16年が経ちました」と報告。続いて、義母が生前(2年前に)この詞をあさみの息子に残してくれたという「いとし子よ」では「たくさん頂いた愛を息子や未来へ繋げていきたい」と話し、天国で眠る義母へ届けとばかりに歌い上げた。また、大切な人を思い出しながら聴いてほしいと歌う「鮨屋で…」では心で聞き入る客席の姿が見受けられたほか、「新橋二丁目七番地」では“ちゆき”コールが飛び交った。そして、最後は第50回日本作詩大賞新人賞・最優秀賞受賞作品の新曲「四畳半の蝉」(作詞:結木 瞳/作曲:山崎ハコ/編曲:伊戸のりお)を熱唱、あさみちゆきワールドで会場を包み込んだ。

また、今回は帰り際のお客さんの“感動した!”との言葉がたくさん飛び交っていたのが印象的だった。

次回vol.161は2月15日(木)午後1時から同じ神戸・新開地のKAVCホールで、北川裕二(キングレコード)、西山ひとみ(テイチクエンタテインメント)、津吹みゆ(日本クラウン)が出演して開催される。お問い合わせ先は小玉企画TEL.06-6365-5230まで。

⇒詳細はこちら