毎年恒例となっているテイチクエンタテインメントの今年の大阪・今宮戎の宝恵駕行列の参列はデビュー18年目を迎える小桜舞子。


毎年1月9日・10日・11日の3日間行われる十日戎の“えべっさん”の宝恵駕行列だが、小桜は2015年以来3年ぶり2回目の参加となる。寒波迫るこの日のアニメイト大阪日本橋店前のステージには、濃紫の絞りが映える煌びやかな振袖姿で登場。熱心なファンが見守るなか、人や車両がごく普通に行きかう店頭設置ステージに思わず「(皆さんのことを)ちょっと心配しながら歌っていたような…」と話しながらも、12月13日に発売した民謡演歌の新曲「よされ三味線」(作詞:仁井谷俊也/作曲:岡 千秋/編曲:伊戸のりお)をしっかりと披露し、今宮戎神社でのヒット祈願を行った。

お正月は実家に帰り鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣。「地元では今日のような華やかなお祭りはないかも…」と話すほど“大阪締め”体験はかなり新鮮な気分だったとか…。


縁起のいい今年のスタートにも、「新曲がオリコンヒットチャート(週刊演歌・歌謡ランキング12/15付)で初めて1位になりました!」と報告した。