関西に縁のある日本クラウンレーベルの歌手21組26名が勢揃いして成人の日の1月8日に大阪・お初天神(露天神社)で行われたヒット祈願&歌の奉納。毎年恒例行事となっているが、今年は20周年とあってか寒の雨にも関わらず沢山のファンが駆け付け境内に傘の花を咲かせた。

ヒット祈願の後は本殿前で各歌手がそれぞれ今年にかける抱負を語ったが、今年のトップは1月10日に恩師の作曲家・西つよし氏が手掛ける新曲「真昼の白い月」を発売する“韓国からの歌姫”ファン・カヒが「元気モリモリシテクダサイ!」と挨拶。

続いてBS11「演歌百撰」(毎週日曜23:30-)やOBCラジオ大阪「みゆとたかおの直球ボイス!」(毎週土曜16:30-)にレギュラー出演中で、デビュー3年目に挑んだ新境地の新曲「哀愁の木曽路」を2月7日に発売する津吹みゆが元気いっぱいに「今年も一生懸命に頑張ります!」

西田あいは「今年は8周年。末広がりに向かって年末へと進んでいきたい!」

来年20周年を迎える瀬口侑希は「今年の関西スタートはここお初天神からということで爽やか気持ちです!」

前作に続く大阪ものの最新曲「泣かせて大阪」で今回初参加の山口かおるは今年1月3日からモングンと共にラジオ日本「モングン・かおるの歌の一番星」(毎週水曜23:30-24:00)がスタート!

ラジオ関西「塩乃華織のしあわせ歌謡」(毎週火曜24:15-24:30)レギュラー出演中で、ももいろクローバーZカウントダウンライブ「ゆく桃くる桃~第1回 ももいろ歌合戦~」にゲスト出演した塩乃華織は「20周年の新春イベントに出演できて幸せです!」

また、この日はABCラジオ「おはようパ-ソナリティ道上洋三です」の「40周年記念ベストアルバム~きょうは記念日~」を発売した道上洋三&吉田詩織(11代目番組アシスタント)もサプライズ参加。


1月12日(毎週金曜)20:00)からスタートするNHK・BS時代劇「大岡越前4」(全8回/BSプレミアム毎週金曜20:00-)に出演する黒川英二のほか、ラストはバレンタインデーに新曲「プロポーズ」を発売する純烈が「今年こそNHK紅白へ出るぞ!」と締めくくり、鏡開きの後は渡辺 要の「今年もよろしく!」の音頭で来場者へ酒を振舞い、社務所2Fステージで歌の奉納が始まった。

今年の歌の奉納参加歌手は、山口かおる「泣かせて大阪」、しいの乙吉「男と女の舟唄」、塩乃華織「赤い橋」、道上洋三&吉田詩織「きょうは記念日」(11/15発売)、水沢明美「一点物」(2/7発売)、水木 良「酒場のかもめ」、大川ゆり「雨待ち酒場」、黒川英二「男哭き」、ファン・カヒ「真昼の白い月」(1/10発売)、川口哲也「風のじょんがら」(11/8発売)、濱田陽子「野崎情話」、木下結子「マリーゴールドの恋」、たくみ稜「上海たずね人」、津吹みゆ「哀愁の木曽路」(2/7発売)、モングン「黒の漁歌」(2/28発売)、中西りえ「おんな牛若 運命橋」(12/6発売)、渡辺 要「母は今でもこころの港」、西田あい「最後の頁」、五条哲也「桜並木の向こうに」、瀬口侑希「雪舞い岬」(11/1発売)、純烈「プロポーズ」(2/14発売)の21組26名(歌唱順)。

なお、関連イベントの次回「歌う王冠ライブ」は3月9日(金)大阪・朝日生命ホールにて、1部=12:00、2部=16:00開演で北川大介、川野夏美、川野夏美、野村美菜、モングン、渡辺 要(1部)、塩乃華織(2部)の出演で開催される。