2017年1月に日本クラウンから「青いダイヤモンド」でデビューした大型新人・中澤卓也がこのほど発表された「第59回輝く!日本レコード大賞」の新人賞を獲得。12月30日に新国立劇場から生中継される「第59回輝く!日本レコード大賞」のステージでは、新人賞4組の中から最優秀新人賞のほかレコード大賞などが発表される。

“輝くダイヤモンド! ミラクル・ボイス”のキャッチフレーズで鮮烈デビューした中澤。その爽やかなキャラクターと透明感のある声で確実にファン層を拡大しているが、11月29日には早々に2ndシングル「彼岸花の咲く頃」(作詞:いではく/作曲:田尾将実/編曲:若草 恵)を発売した。


2ndシングル「彼岸花の咲く頃」

また、2018年1月10日は今年の9月20日に東京・赤坂BLITZで開催された初の東京でのコンサートの模様を収録したファーストDVD「コンサート in 赤坂BLITZ~赤坂にサカス歌の華たち~」(全19曲)を発売する。

なお、来年1月18日には神戸・新開地のKAVCホールで13:00から開催される「KOBE流行歌ライブ」vol.160の初出演が決まった。このライブは新人の登竜門的な意味合いを持ち毎回多くのファンが詰めかける数少ない本格的なマンスリーライブ。当日は、あさみちゆき、チョン・テフらとそれぞれが30分のステージを歌いこなす。