「客席をウロウロしているおおい大輔さん、早よーステージに戻りなさいな…」。そんな場内アナウンスでスタートした「おおい大輔 Zeppまあえぇか! LIVE 2017.10.26」が昨年に続き今年も大阪・難波の「Zeppなんば大阪」で開催された。
同ホールはどちらかといえばポップスやロック志向のライブホールでおおい大輔の歌謡ジャンルでいう演歌系のイベントはほとんど例がないが、今回で連続3回目。しかも、いずれもチケットはソールドアウトという異例づくし。この日は最新作「男ごころよ」などアンコールを含め22曲を熱唱した。途中、師匠でもある天童よしみのサプライズ出演もあり代表作の「道頓堀人情」などが披露された。

大ステージには今回も10人編成の豪華バンドがスタンバイ。そんな中、イエローのシャツに濃紺のスーツという出で立ちでステージに颯爽と登場したおおい。「今年も最後まで一生懸命歌います」と「日本列島まつり歌」でオープニング。数曲歌い終えた辺りでお客さんからスーツのしつけを付けたままの衣装を指摘され苦笑い。「もうええわ、このままいくでぇ」、と「昭和時代の忘れ物」「おしどり海峡~他人ばかりの東京で~人生勝負」をメドレーで歌い、「男ごころよ」で前半を終了。

後半は今回が初めてという着物姿で「河内音頭」を披露。この後、「酒と泪と男と女」の2コーラス目に突然ステージに現れた天童に驚いた客席からは大きなどよめきが起こった。天童から「大輔、乗ってるか?おめでとう!こんなに沢山のお客さんに私もびっくりです。ただただ感謝で一杯です。大輔のこと応援して下さいネ」と愛弟子に最大級のエールを送った。


そんな天童もその熱気に背中を押されるように「私も歌っていい?」とこのほど大阪・ミナミの道頓堀に歌碑が建立された代表作「道頓堀人情」や「やっぱ好きやねん」、そして来年発売予定の天童のアルバムに収録が決まったおおいとのデュエット曲「ロンリーチャップリン」を2人で披露し、おおいのアンコールの「男は演歌だね」で約2時間のステージが終演した。

いつものことだが開演前から会場を走り回り愛嬌を振りまいたおおい。オープニングの「息切れしてるわ…」は本音だったに違いない。それにしてもあんな大きな会場を一杯にする勇気、元気、体力…見習いたいものだ。予定では来年も開催するらしい。もうチケットの販売もスタートしているのかなぁ~。