我が街、大阪・四條畷市を歌で盛り上げようと同市の有志が一丸となりこのほど開催された「第1回秋の歌謡祭」(後援:四条畷市、主催:サウンドステージ ラブリーJo・四條畷市ふる里盛り上げ隊)。
会場となった四条畷市市民総合センターにはカラオケによる一般参加者の発表会や地元歌手によるライブのほか、スペシャルゲストとして迎えた葛城ユキ、ニック・ニューサのライブステージで盛り上がった。


第1回の開催となったこの日は同市長の東 修平氏が駆け付け、「皆様には歌うことや音楽で楽しい毎日を送っていただきたい。この催しが今後も続くことを願っております」と挨拶した。
第1部の発表会では71名の参加者と、12組の友情出演参加者が歌い、続く第2部のゲストライブには星まこと、湊空慶子、彩空、森川大輔、岩本節子、岡田由美らが出演し、北沢麻衣が新曲「真っ赤なワイン」などを披露した。


第3部のスペシャルゲストライブでは、ニック・ニューサが新曲「妻へ」やヒットナンバーから「サチコ」「お祭り騒ぎ」などでステージ狭しと盛り上げ葛城ユキへと繋いだ。


大ヒット曲「ボヘミアン」で登場したハスキーヴォイスの葛城ユキはカバー曲「天城越え」のほか、「ヒーロ」「ローズ」などオリジナルヒットナンバーの数々をパワフルなステージングで歌い綴った。

「葛城ユキ★CLUB CIRCUIT 2017」のほか今秋から全国各地で開催されている「夢のスター歌謡祭(ポップス編)」に出演中!

なお、この日同イベント会場で募った基金は四条畷市福祉課へ寄付された。次回は来年秋の開催が予定されている。