新曲としては約3年ぶりとなる「ひとり・・・日本海」(作詞:竹添浩二/作曲:藤井弘文/編曲:藤井弘文)を発売したホリデージャパンの渚月(なづき)あかり。これまでの歌謡曲路線から一転、本格派演歌に切り替え、新たな模索を始めた。「とってもドラマチィックだし情熱的な詞がさらにこの作品を盛り上げています」とぞっこんの渚月。演歌界に根付いていた神話「浪花を制することが全国を制する」に何とかあやかろうとこのほど大阪で奔走した。

学生時代から歌うことに興味を持ち作曲家に師事。地方の自治体のテーマソングやご当時ソングなど60曲以上をレコーディングした経験を持ち、‘93年ポリドールレコードから田中美紀の芸名で「どうかしてるわ」で念願のデビューを果たした。その後、元読売巨人軍の柳田真宏氏とのデュエット曲がTVのCMとなり3万枚のヒット。同時にモデル業や映画出演のほか写真集を出すなどまさに八面六臂の活躍。
「色んなお仕事をしてきましたが、歌に関しては本格的な演歌を歌いたい、そんな願望が以前からありました。とくに演歌の詞にとっても興味があり心に響くようなものが好きです。今回の新曲はメロディーとアレンジが先にできていて後から詞をはめ込んだんです」という。イントロのトランペットの旋律がこの作品のスケール感を出している。ただ、苦言を呈するなら、タイトルの…日本海のイメージからするともっと大胆に激しく歌うと更にこの作品が引き立つように思うのだが…。

一方、カップリング曲「浪花の女」は夫婦の生き様をセリフ入りで歌っている応援歌。「この曲も結構評判が良くて、大阪の歌ということもあり今回初めて大阪でキャンペーンをしましたがとってもいい町で気に入りました。これから機会があればぜひ大阪のステージを踏みたいです」と大阪に来る機会を増やしたい、と語るが「初めて大阪弁をレコーディングしましたが味を出すのが大変でした」と。

なお、「ひとり・・・日本海」は4月の演歌&歌謡曲ダイジェスト盤に収録されているほか、「歌う!セールスマン」3月の新譜曲として出演した。