今年最後となった「KOBE流行歌ライブ」vol.147が12月15日に神戸・新開地:KAVCホールで行われ、アローナイツ 木下あきら(ホリデージャパン)、浅田あつこ(徳間ジャパンコミュニケーションズ)、葵かを里(同)、そしてPRコーナーには岡田 央(メロディーレコーズ)が出演した。
 
 
 
 
 
最初に登場したのは新曲発売を機に漢字に改名した岡田 央(ひさし)。地元・神戸をホームグランドに活躍中で新曲のカップリング曲「男の人生」から―。「このライブは9年5ヵ月ぶりの出演です。この度(芸名を)本名に戻して心機一転頑張ります!」と以前の出演時のエピソードや近況を伝え、最新作「ひさしのドンゾコ節」(10/26発売)を披露した。
 
 
 

  

続いてのテーマコーナーでは今年一番の冷え込みだったこともあり「暖かい(温かい)」をキーワードに、葵は「ほっこりとした歌ですし、先日、BS日本のうたで川中美幸先輩の前で歌わせて頂き、もうこれしかない!との思いから―」と「ふたり酒」を、浅田は「(相手を思いやる)一途な女性の温かい想いを南国にイメージして…」とオリジナル曲「あじさいの花」を、そして同イベント初出演の木下は「私の子供が障害を持っていることもあり子供や家族への愛情をテーマにした温かな気持ちになれる歌を―」と、自身の歌としては珍しく作ってもらったというオリジナル曲「君の生まれた夏」をそれぞれ歌い次のステージへと進んだ。

メインコーナーのトップバッターとして登場したのは2年2ヵ月ぶりの出演となる葵かを里。前回、「京都白川 おんな川」で出演した数日後にNHK歌謡コンサートの初出演が決まり、「このライブ出演の時から緊張していたのを覚えています」などのトークを踏まえ10周年記念曲「二月堂」でオープニング。
「お陰様でデビュー15周年を迎えることができました。春のお水取りで知られる奈良の『二月堂』という曲で初めて国宝を(テーマに)歌わせて頂きました。ここ最近では風物詩を織り込んだ歌を歌わせて頂いております―」と夏の風物詩をテーマにした京都が舞台の「五山の送り火」と続いた。そして、「葵かを里をもっと知って頂けるアルバムを是非聞いてください!普段あまり歌わない昭和の歌謡曲を収録しています」というアルバムの中から「ブルーライト・ヨコハマ」などを客席をラウンドしながら熱唱。最後は新曲「雪の兼六園」とノリのいいカップリング曲「涙の三番ホーム」で盛り上げた。
 

<葵かを里>
*2017年1月9日(月・祝)新曲発表コンサート:名古屋市青少年文化センターアートピア/開演14:00-
*1月15日(日)NHKBSプレミアム「新・BS日本のうた」出演 (19:30-20:59)
(再放送=1/21.12:00-/1/27.16:30-)
*2月25日(土)コンサート:石川県文教会館(金沢市兼六園近く)/開演12:30

 

続いて今回で9回目の出演となる浅田あつこ。20周年記念曲の第2弾「蒼い海峡」で登場。“あっちゃん”コールで始まり、「デビューして23年やでぇ~。来年1月24日に誕生日を迎え45歳になるのよ。25周年に向けてまだまだ頑張りたいなぁと思います!応援してや~っ!」といつもの変わらぬ関西なまりの明るいトーンで笑いを誘いながらもしっとりとしたオリジナル曲「秋恋」へと綴る。声量が際立つ歌声でオリジナル曲「三年たったらここで…」「私の彼は河内男」までを楽しいトークで沸かせ、最後は新曲「雪花」(9/7発売)を披露。新曲ではランプの宿の歌詞に因みプロモーションビデオ撮影を温泉で収録。自ら入浴シーンにも挑戦しカラオケのバック映像にも流れているとか…。
 

<浅田あつこ>
*2017年1月6日(金)NHBSプレミアム「日本のうた」(再放送16:30-)
出演:再放送=

 
最後は大きな拍手に迎えられ代表作「中の島ブルース」で登場した木下あきら。このライブへの出演は初めて。「さだめ」「献身」を歌い、「もう40年以上も経っているのに未だにカラオケなどで歌ってもらっている。その間に替え歌まで生まれて…」とインターネット上で20万件以上のアクセスがあったことから今年11月にリリースした新曲「女こころ雨」へと続いた。「アローナイツ時代は神戸にはよく来ていた。リーダー(秋庭 豊)が亡くなってからも『アローナイツ』を前面に出していかないと私の存在感が分からないので今もアローナイツ 木下あきらとして活動している」と現在の名前について解説したほか、差別化を図るためデビュー当時はムード歌謡ではなく演歌・歌謡コーラスというジャンルで復帰した」と、当時を語った。この後はオリジナル曲「男の弱さ」、リズム歌謡の前作「情熱のダンス」で締めくくった。

この日は往年の歌声を生ライブで体感しようと熱狂的なファンも来場し、客席からエールを贈っていた。

来年1月19日(木)に神戸・新開地KAVCホールで午後1時から開催される「KOBE流行歌ライブ」vol.148には千葉一夫、上川しほ、男石宜隆が出演する。