iwanamirie
4作目の新曲「泣いたカラスの子守歌」(作詞:都城光人/作曲:杉本眞人/編曲:周防泰臣)に続き11月16日に発売したファーストアルバムの関西キャンペーンでこのほど来阪した徳間ジャパンコミュニケーションズの岩波理恵。

長野県下諏訪町出身。短大卒業後は全日空の国内線CAをしていたが、歌手への夢が募り芸能界へ。2003年4月~2010年3月まで文化放送「走れ!歌謡曲」のパーソナリティーを7年間務め、以後レポーターとしても活動しつつ当時の番組パーソナリティーユニットとして杉本眞人作品の「振り向かないわ」でCDデビューし、2008年にインディーズ楽曲「ユメミドリ」の初ソロデビューで歌の活動を開始。2012年には徳間ジャパンより「こころ こわれそう」で晴れてメジャー・デビューを果たした。

この日の大阪キャンペーンはミヤコ瓢箪山店とイズミヤ今福店の2件。
「大阪でのキャンペーンは今回で4度目です」と挨拶代わりの新曲「泣いたカラスの子守歌」で登場。歌の合間に「今43歳なんですが…」と告白すると、その人目を惹くルックスからか会場からどよめきが…。続いてオリジナル曲や昭和のヒットナンバーのほか、今年3月からものまねタレントのコージー冨田らが所属する事務所にて活動を開始したことも話し、この日も森高千里の歌まねで会場を沸かせた。

TKCA-74418 AC
デビュー曲から新曲など全12曲を収録した「ファーストアルバム~ありがとう~」のPRでは、「一時は芸能界を辞めて故郷の諏訪へ帰ろうかと思ったこともありました…。でも続けてきて良かった。いまは両親への感謝の気持ちを込めて歌いたい」とタイトルの由来を解説し、アルバムの中からいつもステージで歌っているというカバー曲「最愛」を歌い、「また大阪に来たいで~す!」とファンへ感謝の気持ちを込めて、新曲「泣いたカラスの子守歌」を熱唱した。

終演後の即売会では新曲シングル&アルバムと順調に売り上げを伸ばしたが、これまでの歌唱とは少し趣を変えた新曲「泣いたカラスの子守歌」では新たな魅了感が漂った。

*12月4日(日)はNHKラジオ第1「日曜バラエティー」(13:05-生放送)に出演する。