1201_fukudakohei
新曲「北の出世船」のヒットと共に今年のNHK紅白歌合戦への出場が決まったキングレコードの福田こうへいが、来年2月10日から東京・明治座で上演する初座長公演「福田こうへい特別公演」(同27日まで)を前にこのほど東京・築地魚河岸を訪れ、主人公の仲卸に扮して同公演のPRと意気込みを語った。

同公演第1部の芝居「母ちゃんの浜唄」は昭和30年代の東京を舞台にした心温まる芝居で、岩手から集団就職で東京に出てきた主人公(福田)が故郷の母親や周囲の人たちに支えられながら懸命に働き、築地市場の仲卸店の店主になる物語。どこか福田自身と重なる?―そんな芝居に因み築地場外市場の「斉藤水産」の店頭に立ち、芝居さながらの仲卸スタイルで訪れる買い物客に同公演をPRした。

今回の公演は昨年7月の大阪・新歌舞伎座に次ぐ東京での初座長公演で、芝居はこれまで新歌舞伎座で三橋美智也物語を演じているが、「芝居をまず一生懸命やり、見て頂いた方に実感して涙を流して頂きたいですね。今回の芝居は毎日嫌なくらい食べさせられている魚をいかに大事に食べさせられ、自分が成長していくうえでいかに1匹の魚が大事だったか…、毎日の食をどれだけ粗末にしてきたか…、ということと重なりますのでお芝居しやすいなと思う反面、自分が入り込み過ぎて泣いてしまうんじゃないかという心配はありますね」

第2部の歌謡ショー「福田こうへいコンサート2017」については、「芝居に関しての歌ですので芝居がしっかりしていないと歌も生きませんし、歌を生かすためには芝居をしっかりと見せないと駄目ですので、どちらも頑張らなければ―」と意気込んだ。

fukudakohei_dvd
*平成27年7月10日~31日まで大阪・新歌舞伎座にて行われた福田こうへいの記念すべき初座長公演の歌のコーナーをたっぷり収録したDVD「福田こうへいオンステージIN新歌舞伎座」が12月21日に発売される。ボーナストラックには「南部蝉しぐれ」「峠越え」「北の出世船」のプロモーションビデオを収録!