juny_1「日本語もっと覚えなあかんネ~、おやじギャグ出来るようになったヨ…」
そんなトークで会場一杯に埋めたファンとキャッチボールをしながらアットホームな雰囲気で行われたパク・ジュニョンのライブ「パク・ジュニョンLIVE In 梅田AKASO」が11月15日、大阪・北区のライブハウスで開催された。大阪での単独ライブは今回が初めてとあって本人もスタートからノリノリ。
それを後押しするファンとの一体感はまさにライブハウスならではの醍醐味となった。

前半は生バンドをバックに「チャラ」でオープニング。「今日は楽しくいきましょう!」と客席に向かってガッツポーズ。その気合に応え会場からは一斉に大きな歓声が上がり早くもムードは最高潮に。
続き、スマッシュヒットとなった「河口湖」、デビュー曲候補にもなった「哀愁の雨」、そして「この歌は心を慰めてくれる」という「喝采」。新曲「羽田発」のA、Bタイプのカップリング曲「さよならは言わせない」「追憶のブルース」、オリコン初登場1位になった「羽田発」「また逢う日まで」を一気に歌いで前半を締めくくった。

juny_2衣装替えした後半はピアノの弾き語りで「初めて出逢った日のように」「やっぱ好きやねん」を熱唱。「ライブハウスって気持ちいいワ…」と幸せ一杯の表情。続いて好きな1曲だという「そして神戸」で客席をラウンドし、「私鉄沿線」「石狩挽歌」、「Oh my julia」で終了となったが、会場から一斉にアンコールが鳴り響き「無条件」で終演となった。

この後はCD、グッズ購入者を対象にした握手会が行われた。