新たなライブが大阪で立ち上がった―「絶唱ライブ in OSAKA 【秋ver.】~こおり健太×チョン・テフ~」がそれ。11月7日、大阪・吹田市江坂のESAKA HALLを会場に開催され会場一杯に埋めたファンで盛り上がった。

このライブは既存のものとは一線を画したもので、今が旬でありこれから活躍が期待される、そんな歌手にスポットを当てたもの。第1回目となった当日は今年デビュー9年目となるこおり健太と大阪をメインに活躍が目覚ましいチョン・テフが登場。新曲の他、それぞれがアカペラも披露するなどまさに絶唱という名にふさわしいライブとなった。

1107_1  1107_2
午後1時。オープニングテーマ曲が鳴り響いた後、3人のバックダンサーを引き連れて登場したのはチョン・テフ。ノリのいい「東京メランコリー」でオープニング、続いてこおり健太が「泣いてください」とそれぞれが挨拶代わりに1曲ずつを披露した。こおりは「楽しみにしていました。大阪は相変わらず熱いですネ」と語ると、チョンも「第1回目のライブに参加でき光栄です。頑張ります」とそれぞれが興奮気味に意気込みを語った。

1107_3
続いて二人による歌唱で「蜩」を歌い、交互に入れ替わりながらそれぞれがプッシュ中の新曲やデビュー曲、そしてカバー曲などを披露したり、2人の出会いやデビューのきっかけ、これからの意気込み…等々を語った。2人の出会いは昨年。チョンが北海道をキャンペーンで訪問した際、こおりにキャンペーン先を紹介してもらったのが出会いだった。以来、お互いが親交を深める仲に。

1107_4  1107_5
 
 
1107_5_2ライブではこおりが新曲の「雨の舟宿」をメインに「片瀬川」、「口紅哀歌」、そして川中美幸の代表作「女 泣き砂 日本海」などを熱唱した。「女―」を選んだのは「川中美幸さんのステージを観て感動し歌手への憧れが沸いた」というのが理由。
 
 
1107_7一方のチョンは好調な新曲「愛の銀河」「サソリの涙」、そして自ら作詞し、ファーストアルバムにも収録している「めぐり逢えたら」をステージで初めて披露した。また、「東京―」の他「そんなヒロシが好きでした」「夜の踊り子」でもダンサーを従え、華麗でパワフルなステージを魅せた。
 
 
1107_6
圧巻だったのが今回のライブの1つの売りでもあったアカペラのコーナー。こおりが「悲しい酒」を、チョンが「一枚のLP盤」をしっかりとした歌唱力で歌い上げた。最後は2人で「大阪ラプソディ」を歌いながら会場に降りCDの即売会場に。集まったファンからは「このライブを恒例化してほしい」―等の要望が多く寄せられた。

大阪に限らず全国規模で様々なライブが開催されているが、この「絶唱ライブ in OSAKA」はただ単に歌うだけではなく、毎回他にない特長を盛り込んだ内容にしていくのが狙いだ。歌い手が成長していく担い手のライブにしたい、というのが主催者の目標らしい。