1006_utamatsuri1
日本レコード商業組合関西支部(石井秀幸支部長)が主催する演歌・歌謡曲系のイベント「2016にっぽん うたまつり」(協賛:レコードメーカー七日会、一般社団法人日本レコード協会/後援:月刊カラオケファン)が10月6日、兵庫県尼崎市の「あましんアルカイックホール」で盛大に開催され演歌・歌謡曲ファンで会場が埋め尽くされた。

このイベントは全国的に知られた歴史のある「関西歌謡大賞」を継承しながら新たなスタートを切ったものだが、演歌の土壌があり素地があるといわれている関西地区にはこうしたイベントが多く、全国ヒットの試金石であることを意味する。

そんな市場背景を反映した同イベントはスタートしてもう30年を超える歴史を持つが、それを受け継いだのが同組合関西支部の若きリーダー達だ。
「若い血を注入することで次の時代を担う軸を作りたかった」(石井支部長)と今年は組合店の若手に運営をバトンタッチしたため、メンバーは白紙の状態から模索を重ねながら企画、立案、そして開催にこぎつけた。

今回、メンバーのまとめ役を担った内藤要一(CDショップないとう代表)実行委員会リーダーは「真っ白からのスタートだった。仕事を終え、夜中に何回も打ち合わせを重ねた。若手は本当によくやってくれた」と、開催までの苦悩を語るとともに若手の行動力に感謝しきりだった。
また、大きな課題でもあった資金面についてもステージのセット等を簡略化し知恵を出しながら徹底的にムダを省き非常事態に備えたと話す。

今回一新したイベントタイトルについては、毎年、東京や博多などで同様の演歌イベントが開催されているが、全国の日本レコード商業組合の地域を隔ててテーマに沿ったひとつの流れを作りたい、との思いもあったようだ。

1006_utamatsuri2第1部のカラオケコンクールは一般参加者の応募総数約1500件の中からテープ審査、地区予選(堺・高槻・神戸の3会場)を勝ち抜いた11名が決勝のステージに挑み、当日の審査委員は作詞家・もず唱平氏、音楽評論家・松枝忠信氏らが務めた結果、工藤あやの「故郷さん、あいたいよ」を歌った中井彩花さんがグランプリを獲得した。

第2部のプロ歌手によるスターパレードには課題曲に選ばれた11名のアーティスト、大城バネサ「逢いたい島」/黒川英二「男哭き」/川崎修二「風の望郷」/川野夏美「九官鳥」/石原詢子「化粧直し」/村木 弾「ござる~GOZARU~」/北川裕二「泣いて大阪」/永井みゆき「鳴り砂の女」/柿本純子「日本晴れだよ七福神」/最上川司「ひとひらの桜」/工藤あやの「故郷さん、あいたいよ」(曲目順)らが出演しそれぞれの新曲などを披露した。