◎ インタビュー

ishiharajunko_5石原詢子を変えたい―これまで培ってきた王道演歌からの脱皮を模索してきた石原に待望の野心作が誕生した。3月9日ソニー・ミュージックダイレクトから発売した「化粧なおし」(作詞:たきのえいじ/作曲:杉本眞人/編曲:宮崎慎二)が注目を集めている。
「みれん酒」に代表されるように演歌色の強い作品一筋に突っ走ってきた石原にとって初めて経験する本格的な歌謡曲。発売当初は杉本氏との初顔合わせに「ややミスマッチ?」―関係者、ファンにもそんな思いがあったのでは、と想像するがどうやら吉の方向に限りなく向いているようだ。その石原もこの10月でデビュー29年目に入る。再来年の丸30周年に向けもうムチが入っている。新曲への思い、30周年への意欲・・等々を聞いた。

杉本氏とはこれまで全く面識がなく「怖い人」そんなイメージがあったという。

「過去の作品はレコード会社のスタッフとディスカッションしながら作家の先生を決めていくのが本来の姿なんですが、今回はたまたま先生とお食事をする機会があり色々とお話しをしている中で先生の演歌に対する情熱と私の演歌への思いが偶然にも一致したんです。その後、ゴルフをしたりお酒を飲んだりしているうちに『詢子にはこんな歌がいいな』なんて色々とアドバイスも頂きました。ただ口約束だったので、作品が出来たといわれた時はまさか、なんて思いましたよ」

杉本氏が持参した作品はそれぞれ作風が異なった3作品、そのうちの2曲を収めた。ただ担当ディレクターは杉本・石原というコンビにやや悲観的だったとも聞くが、これまでの石原詢子のイメージを一新したい、という石原の強い思いも追い風となった。

「先生はカップリングの『すみだ川夜曲』がいいとの評価だったんですが、それだと『みれん酒』と同じようにカラオケファンがターゲットになり、これまでと変わらないので私としてはそこも変えていきたいという思いがありました。これからCDを買う世代は私たちと同世代になっていくわけでその世代に演歌ってカッコイイいいね、というところも探っていかないといけないのと同時に年齢層を広げるのも必要である、との思いもありました」

ishiharajunko_6
どちらをA面にするか、石原の言葉の節々にはかなりの葛藤があったようだが、最終的には石原の熱意にスタッフが折れた。「自分を変え同時にこれまでのイメージを払拭したい」という信念も強かった。

杉本作品の特徴は濃い目の色合いを付けるところにある。
「そうなんです。杉本先生の作品は独特の匂いがあります。ですからライブで聴く方が効果があるしファンの方もライブの方がいいネという意見が圧倒的に多いです。どちらかと言えば玄人受けする作品ですね。じっくりと長いスパンでプッシュしていきたい。実績が上がらなくても評価をしてくれる人がいれば納得します」

6月29日にはアルバム「秘蔵名曲全集~カップリングコレクション~」が発売された。文字通り世に出る機会が少なかったカップリング曲(俗にいうB面)を収めた。これまで発売した34枚のシングルから15曲をセレクトした内容。
「実はA面にしたいという作品もありました。スタッフで15曲に絞ったのですがこのうち6曲は私のわがままを通させてもらいました」

来年からプレ30周年に入る。
「これまでスタッフの皆さまに大切にして頂いたことは間違いありません。決して順風満帆ではありませんでしたが大きな山はスタッフの方々と一緒に乗り越えてきました。浅く広くコツコツと、そんな思いです。とにかくもっともっと幅広い層にアピールできる作品に貪欲にトライしていきたいというのが希望であり夢でもあります」と力強い言葉で結んだ。

30周年に向け記念アルバム、記念リサイタル、そしてカウントダウンイベント・・・等々を視野に入れた活動を予定している。

*記者のひとこと*
ここ数年は彼女の活躍ぶりはせいぜいテレビで見るくらいだったが、このサイトを立ち上げたのを機に先日、久々に彼女に会った。演歌市場が隆盛を極めた時代は伍代夏子、藤あや子とともに「ソニー演歌の美人3姉妹」と持てはやされたことは今も脳裏に鮮明に焼き付いている。当時は売り手よし、買い手よし、世間よしとまさに三方よしという恵まれた市場だった。取材中は冗談も飛び交ったが真摯な態度を崩すことはなかった。(ほんまに真面目やなぁ~)「化粧なおし」で新境地を、との思いが想像以上に伝わってくる。初めて経験する杉本節に少々戸惑いもあるようだが、もっと大胆に歌い、演じてみてはどうだろう。きっと彼女が目指すヒントがあるかも・・知れない。杉本氏の次の一手も楽しみである。

インタビュー:金丸

新曲「化粧なおし」

ishiharajunko_profile

・レギュラー番組「しあわせ演歌・石原詢子ですラジオ」 
ラジオ大阪:毎週水曜日20:30~21:00
文化放送:毎週日曜日8:00~9:00
岐阜放送:毎週日曜日17:25~17:55
KBC九州朝日:毎週日曜日20:30~21:00
STVラジオ:毎週日曜日19:30~20:00

・2016年10月6日(木)「2016にっぽんうたまつりスターパレード」出演
 会場:兵庫県尼崎市 あましんアルカイックホール
 時間:開演15:00- *要入場券
※詳細はこちら→http://hayariuta.jp/161006-nippon-utamatsuri.html/0511_nipponutamatsuri

・2016年11月27日(日)「石原詢子29th Anniversary Dinner Show」
会場:JALシティ田町(東京都)
お問い合わせ:TEL.03-6908-6535(石原詢子応援団事務局)

石原詢子オフィシャルウェブサイト
http://www.junko-ishihara.com/