0706_juny1
「河口湖」がオリコン初登場1位となるなど着実に自分の世界観を確立しているキングレコードのパク・ジュニョンが7月6日、大阪のあべのハルカス近鉄本店ウイング館9階SPECE9で「ファミリークラブ会員数第5位感謝祭in 大阪」と銘打ったイベントを行った。これは8月3日に発売する新曲「羽田発」(作詞:石原信一/作曲:浜 圭介/編曲:伊戸のりお)のPRと日頃の感謝を込めファミリークラブの会員から先着100名を招いたもの。

デビュー以来1作ごとに成長し、同時にファンも増えているパク。前日の5日は念願のNHK「うたコン」に初出演。その興奮もさめやまないままの来阪にステージでもボルテージは上がりっ放し。そんな中、「君だけに」でオープニング。歌の合間には「うたコン」の事に触れ、「皆さんのおかげで夢がひとつひとつ叶っている。歌コンの事は韓国の両親にも伝えたところ両親が友人、知人にPRしてくれた。NHKの視聴率もぐーっと上ったのでは?? 次は紅白ね!」とジョークを飛ばす余裕?も。

0706_juny2
数曲を歌い終えた所で「今日は素敵な方が来てくれています」と報告するとステージの下手からプライベートでは一緒に旅行をし兄貴と慕う仲のチョン・テフがサプライズ登場。しばらく2人のトークで盛り上がった。この後、チョンが好評の「東京メランコリー」の他、パクと同じ8月3日に発売する新曲「愛の銀河」(作詞:伊藤 薫/作曲:樋口義高/編曲:伊戸のりお)を歌い花を添えた。トークの中で、チョンが新曲発売日が偶然同じことなどを告白すると、会場から驚きの声が・・・。
再びパクが登場。8月に発売する新曲「羽田発」などを披露。最後にチョンが再度登場し二人の歌で締めくくった。

この後パクはステージでサイン会やツーショット撮影会と続き、新曲の予約を募った。
なお、新曲シングルはAタイプ(カップリング曲「さよならは言わせない」=3rdアルバム収録曲)とBタイプ(同「追憶のブルース」)のジャケット別2タイプ同時発売。

8月20日には近鉄アート館(あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階)で「浪速アモーレ歌謡祭」(午前11時/午後3時の2回公演)を行う。
 
また、8月3日は「演歌男子フェスティバル2016 昭和女子大学人見記念講堂」への出演が決定しているほか、同27日には北海道初となる「札幌道新ホールコンサート」を開催する。スペシャルゲストは作曲家の浜 圭介氏。