アーティストの一挙手一投足に会場一杯に埋め尽くしたお目当てのファンが大興奮!

CS放送「歌謡ポップスチャンネル」(IMAGICA TV運営)主催の「演歌男子。LIVE 春爛漫 in OSAKA」が4月29日、大阪中央区の松下IMPホールで行われた。

0429_kayoupop
(左から、はやぶさ、ジェロ、パク・ジュニョン、川上大輔)

同ライブは、演歌・歌謡曲界で活躍する若手のイケメン歌手で構成されている人気イベント。初となった大阪会場にはジェロ、はやぶさ、パク・ジュニョン、川上大輔の4組が出演し、オリジナルのほか、大阪にちなんだ浪花ものや懐かしい昭和の名曲などをタップリ披露した。

本番前の会見では4組の中でリーダー的存在のジェロが、「大阪は数年間住んでいた町。楽しいステージにしたい。大阪はええとこでっせ!」と、時折大阪弁を交えながら語った。
「大阪は大好き!大阪のノリで楽しんでもらいたい」(はやぶさ)。
「大阪の方は熱いのでみんなで盛り上げたい」(パク・ジュニヨン)。
「とっても楽しみにしていた。成功させて全国展開を目指したい」(川上)。
と、それぞれがライブにかける意気込みなどを熱く語った。

午後4時に本番がスタート、ステージにスポットライトが当たり、4組が登場。

会場を埋めたファンが一斉に大歓声をあげるなか、川上の「皆さん盛り上がっていきましよう!」の掛け声にさらにボルテージが上がり、全員で「星のフラメンコ」をオープニング。引き続き、それぞれがオリジナルを披露したほか、関西弁を使ったトークコーナーや、大阪ソングコーナーではやぶさが「大阪ラプソディー」、パクが「やっぱ好きやねん」、川上が「悲しい色やね」、ジェロが「宗右衛門町ブルース」を熱唱した。

昭和ソングコラボでは、それぞれが新たな一面を見せファンを楽しませた。最後はプッシュ中の作品を歌い、「銀河鉄道999」でフィナーレとなった。

この模様は7月8日(金曜日)午後6時からCS放送「歌謡ポップスチャンネル」で独占放送される
また8月3日には東京世田谷区の昭和女子大学人見記念講堂で「演歌男子。フェスティバル2016」が開催される。出演は松原健之、ジェロ、純烈、はやぶさ、パク・ジュニョン、川上大輔の6組。

*記者のひとこと*
“演歌・歌謡曲の次代を担う逸材を育てよう”-そんな趣旨のイベントと見た。演歌・歌謡曲界は女高男低から男高女低になりつつある。昨年の紅白にもそれが象徴された。会場には日頃、演歌イベントでは余りお目にかかれない若い女性ファンがどっと押しかけた。そうした潜在的なファンを取り込んでいる同イベントは理屈抜きに楽しく、同時に頼もしいステージでもあった。勢いのある若手にターゲットを絞ったことに価値がある。若手のパワーは思いがけないところに出るものだ。もう少し観たい―、久しぶりにそんな衝動に駆られたのは記者だけだろうか、いい気分で会場を後にした。